長野の皆様、濃厚接触者を極力少なくしましょう

長野市を中心とした長野圏域の感染拡大が止まりませんね。

3月20日前後の週末からの人の動きの影響とその感染がジワジワと広がった結果が今出ているのでしょう。

レベル4、5になったという感覚が、医療従事者とそうでない人でかなり異なるのだなということを感じています。「レベル4になってもこの周辺の友達だから大丈夫だよね」とお茶をしたり食事をしたり、時によってはアルコールを飲んでしまうのかもしれません。

長野市が、飲食店等に休業や時短を要請しました。

「飲食店が時短をしているから、うちに来て食事しない?」は、最悪です。

今はだれがウイルスを持っているかわからない状態になってしまいました。

「手の届く距離で(おおよそ1メートル以内で)感染対策なしに(マスクなしで)15分以上接触があった者」を濃厚接触者と考えます。

同じテーブルを囲んで、マスクを外してお茶や食事をしたらこれに該当します。

同居の家族以外でこの2週間 濃厚接触者になる人は何人いますか?

ご自身で数えてみましょう。

延べ人数ではなくて、実人数を数えてみます。

もちろん同居の家族はこれに該当するでしょう。

例えば、同居の人以外とは会食していなければ、同居家族〇人。

いつも同じ友達3人と2週間のうち何回もお茶や食事をしたならば、同居家族〇人プラス同居以外3人になります。

でも、日々異なる友達や知人と食事をしていると実人員はどんどん増えて、同居家族〇人プラス同居以外15人なんてことになります。この15人もそれぞれに交流関係が広く、いろいろな人と食事をしていたとすると、ウイルスを運びあうリスクが高いのです。

友達が多く交流する能力の高い人ですが、今はマスクを外した状態を避けたほうが良い時期ですね。

現在感染が増えているのは、2週間前の20日ごろからの影響です。

潜伏期間があって、症状が出始めるのが4~5日(長いと10日くらい)そこから様子を見て検査をして感染がわかるのに数日。だから少なくとも感染したであろう飲食の機会から1週間~10日かかっている。

だから、20日ごろから広がって広がってきた結果が今の状況です。

今からしっかり引き締めて、下がるのに2~3週間はかかりそうです。

友達に会ってはいけないのではなく、外出してはいけないのでもはなく、マスクを外した状態で会話をすることを極力避けましょう。

マスクをして会いましょう

マスクを外した直後は、しっかり手洗いか手指消毒をしましょう。

一人で外食に行って知らない人と隣り合わせてもリスクは低い。

どうして? ⇒ しゃべらないからです。

友達と行くと楽しいから、おしゃべりのテンションが上がりリスクが上がってしまいます。

「今まで大丈夫だったじゃないですか~」と言われそうですが、今まではこの地域にウイルスが入ってきていなくてラッキーだっただけ。

感染警戒レベルが1の時に同じ地域内の友達とお茶する時リスクは低めですが、レベル4・5の今は、東京や大阪の友人とお茶するよりもリスクが高いということを知っていてほしいなあ。

家族や大切な人にウイルスを運ばないために、今は濃厚接触者の数を極力少なくしておく努力をしましょう。

大学生等一人暮らしの若者たちへ

できれば、家族同様に親しい人、濃厚接触者となって当然の人、数人のグループを意識して、その人以外との会食を避けることができたらいいなと思うのですがどうでしょう。そういうことを話し合えている人が条件にはなると思います。

孤独は耐えられない。家族が遠くにいてなかなか会えないとしたら、そういうグループを作ってこの難局を乗り切るのも一つの方法じゃないかと思うのです。

ご意見あったらコメントください。

関連記事

  1. 大正時代のスペイン風邪・・・

  2. youtubeに動画をアップしました

  3. COVI(COVID-19)ちゃん対策  マスクの使い方

  4. COVIちゃん対策 人との交流はより頻繁に

  5. COVIちゃん対策 「今ここ」に生きているという事実

  6. 先輩たちの感染症との闘い